自然に魅せられし旅人

せっかくこの地球という星に生まれたのに、
日本という小さな島国で過ごしていてはもったいない!!!

これを強烈に思ったのが、自然に魅せられしノブという一人の男が旅人になろうとした最大の理由。

僕の親はクリスチャン(神様を信じる人)だった。

なので小さい頃から毎週教会に通い、聖書を学び、人に優しくすることや正直でいること、誠実であることなどを学んでいた。

その影響か小さい頃から将来は人の役に立つ仕事がしたいと思っていた。いや人の役に立つ仕事につくべきなんだという固定観念があった。

中学3年生の時に、少し将来を考えるようになって、なろうと思った仕事が「看護師」。

その理由は職業を紹介する本に「人手不足で、人の役に立つ仕事」と書いてあったから。

看護師の慢性的な人手不足はいつの時代も言い続けられてきてたし、僕の中学時代にも言われていた。それを知った僕は「自分が看護師になることで少しでも人手不足解消になればいいし、僕は人の役に立つ仕事に就きたいんだ」と当時本気で思っていた。

高校に入ってからもしばらく看護師になろうと思っていたが、ある時友達と将来について話していると「理学療法士の方が面白いよ」と言われた。

理学療法士とはスポーツ選手の怪我や病気、高齢などで身体機能の低下した人に対して、リハビリテーション(リハビリ)を行う人のことです。もちろんこの職業も目に見えて人の役に立つ仕事。

そして結果的に僕は理学療法士になることを選んだ。

なぜ僕がその職を選んだのか・・・それはスポーツがとても好きだったから。

進みゆく時間の中でスポーツにも携わっていたいという気持ちも膨らんできたし、いつか日本中に勇気を与える日本代表のトレーナーになって選手をサポートする人になりたい。

そう思ったからだった。

もちろん病院では、スポーツで怪我をした人だけでなく、高齢者の方も多くおられ、その人達が手術をして、その後家に帰られるまでのリハビリも行っていた。

理学療法士は、痛みがあって辛かった方々が元気になって、笑顔で帰っていくのを見れる仕事。またはスポーツで怪我をした人が再びスポーツをすることができるようになって、試合で活躍するのを見れる仕事。人を笑顔に変え、かつ「ありがとう」と言ってもらえる。そんな人の役に立つ素敵な仕事だ。

そして色々な人のつながりもあって、ある競技の日本代表のトレーナーになる機会も頂き、ついに僕は自分の長年の夢を達成する事ができた。

仕事自体は本当に楽しく、患者さんとのやりとりも笑顔で溢れ、充実した毎日を送ってた。

だけど、僕はお金儲けもしたかった。

お金はあるに越したことはない。お金があればいっぱい遊べる。いっぱい贅沢できる。

お金があれば世界中を旅行して、色んなところに行く事ができる。そういうこともしたいよな!

そのために、沢山お金儲けについて調べた。

株、FX、不動産、情報商材、MLMなどなど。

実際にやったものもあるし、やらなかったものもある。儲かったものも儲からなかったものも。

いっぱい本も読んだ。不動産の本なんかも2-30冊読んだと思う。

本気でやろうとしてたから。

成功哲学の本もいっぱい読んだ。

そういう成功哲学や自己啓発の本によく書いてある言葉があった。

「金儲けは目的にならない。金儲けをしてどうしたいのかが大事だ!」

この言葉を読む度、「金儲けをしてどうしたいってそりゃ遊びたいに決まってるでしょ!」としか出てこなかった。

そしていつも深く考えないようにしてた。

でも本を読む度、成功者の話を聞く度、この言葉は何回でも僕の目の前に現れる。

どうやらこの言葉は真実のようだ。向き合わないといけないな。

そして本当に自分のやりたいことを考えるようになった。

自分のやりたいこと

それは世界の自然を見に行くこと。それをナイアガラの滝を見て強く感じた。

そしてこう思った。

「せっかくこの地球という星に生まれたのに、日本という小さな島国で過ごしていてはもったいない!!!
僕らは日本人だ。でも地球人でもある。それなら地球をもっと知ろう。地球で遊ぼう!」

そして自分は世界中の自然を観に行きたいから、世界中の絶景を観に行きたいからお金儲けをしたかったんだと気付いた。

今まで何のためにお金儲けをするのかと言われれば、遊びたいから、贅沢したいからだと思っていた。

世界中の自然を観に行く、世界中の絶景を観に行くというのも、もしかしたらただ遊びたいだけなのかもしれない。

でもただの娯楽では無いと自分で思う。

これは僕の魂の欲求だ!

自分自身の内なるものが世界の自然に逢いに行くことを強烈に求めてる!

これを真剣にすることが僕の人生には必要不可欠なんだと思った。

じゃあ世界の自然に逢いに行くためにはどうしたらいいんだ!

どうやったら世界の自然に逢いに行ける?

この仕事を続けていて、毎年海外に行くとしても年に1回が限界。

他のスタッフにそれ以上迷惑はかけられないし、そんなことでは世界中の自然に逢いに行くなんて到底出来ないよ。

何か方法を考えなきゃ!!!

こうして僕は世界の自然に逢いに行く方法を探すことになったが、運命の出逢いをするのにそう時間はかからなかった。

色々と方法を探している中で、あるサイトにたどり着き、yuumaさんという人の事を知った。

yumaさんは旅を仕事としており、家族4人を引き連れて世界中を周っているという夢のようなことを現実でしている人だった。

そしてこの人はサイトの中で旅を仕事にする方法を教えてくれるという。

旅を仕事に!?

この言葉に目を疑った。旅自体が仕事になるなんて考えたこともなかった。

それが本当なら自分のやりたいことが直接できる。

自然に逢いに行くために働くんじゃない。自然に逢いに行くことが仕事になる。

素敵すぎる!こんなファンタスティックな仕事本当にあるのか?

最初本当なのかかなり疑わしくて、なかなか信じることができなかった。

でもyuumaさんの事を知っていくたびに、この人は本当に旅人になる人を応援したいだけなんだと思い始めた。

そして僕はそのyuumaさんの言う旅を仕事にする方法を教えてもらうこととなる。

そこには旅を仕事にするためのバイブルが詰まっていた!

実際にそれで旅を仕事にしている人も多数いた!

これを真剣にやれば、旅人という素敵な人になれるという可能性を心の底から感じ取った!

しかし僕には仕事がある。旅を仕事にするということは、今の仕事を辞めるということ。

今僕はある程度色々なことを任されるようになって、自分にかけられている責任も以前より大きくなってきている。

ここで自分が抜けることなんてできるわけないよな。

そんなことを思っていた。

でもある日、また違う最高の本に出逢う。

それは自分の兄弟が持っていた一冊の本。

『夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。』Talking by Ayumu Takahashi

これは高橋歩という自由人の発した語録集だった。

その中にこう書かれていた。

大切なのは勇気ではなく、覚悟。ハラを決めてしまえば、すべてが動き始めるよ。

高橋 歩

理学療法士として確立されつつある立場を失ってまで、本当にやるべきことなのか。

こんな不安定な時代に手に職を持って、確実に安定した生活を送ることができるこの仕事を手放して本当にいいのか。

ついついそんなことを考えて、怖がっていた。

でもこの高橋歩さんの言葉を聞いて、自分に足りなかったものは覚悟だと気付いた。

自分が本当にやりたいことを、やり抜くという覚悟が必要だった。

自分の年齢は32歳。

新しいことを始めるなら、もうこのタイミングしかない!

新しい人生を歩む覚悟はあるか!

全てを捨ててイチからやり直す覚悟はあるか!

絶対に旅人になるんだという覚悟はあるか!

ある!!!
もうやるしかない!!!
自分のやりたいコトが32年かけてやっと分かったんだ。
覚悟は決まった!!!

小さい頃からの人の役に立ちたいという想いは嘘ではなかったと思う。でもそれが本当にやりたいコトだったのかはわからない。実際に理学療法士という職業は素敵な仕事で、笑顔のあふれる仕事だと思う。けど僕の魂が求めているのはもしかしたら少し違ったのかもしれない。

自分が本当にやりたいコトで、楽しいと思えるコトで、夢中になれるコト!そして色んな可能性が見えた旅人。

これから僕がなろうとするものだ。

はっきり言って甘いものではない!世の中に甘い仕事なんてあるはずがない!

どの仕事も真剣にそして必死にしないと成功はできない!

これから始めます!

僕という旅人しかできない事が世の中にはあるはずだと信じて。。。

旅人 ノブ

このサイトを見て、応援してくださる方が大勢いらっしゃる事に深く感謝します。

本当にいつもありがとうございます!

そしてもしあなたも旅人に興味があればこちらをご覧になってください。
旅を仕事にするプロジェクト きっと人生がキラキラしてくる印象を受けると思います。

長文を読んでくださってありがとうございました☆

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする