世界一周で使える激安の海外旅行保険グローブパートナー☆

emergency-780313_1920世界一周や海外旅行に行く時に海外旅行保険は外せない費用の一つですが、2015年以降海外旅行保険は保険料が軒並み高額になってきています

昔は月1万ぐらいの年間12万前後の保険料で良かったのが、最近では年間20〜30万近い保険料を払わなければいけません。

しかも!

最近の海外旅行保険は、保険期間が6ヶ月〜1年を上限とする設定ばかりで、その多くが再契約をするために日本に帰国する必要があります。(唯一、世界一周で有名な金子秀人損害生命保険事務所で契約を行えば、1年間の契約をすると更新は同居の親族が代理で行うことができます)

ただ、世界一周をしていたら、色々な事情からもう少し見たい国が出来たり、もう少し滞在していたくなったりということがあるかもしれません。ですが、そのためには帰国しなければいけないのです。

そこで、海外に居てもオンラインで契約更新ができて、なおかつ保険料の安い会社を調べていた時に見つけたのが、

『グローブパートナー』

という、海外旅行保険でした。

ということで、気になったので調べてみました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

グローブパートナーとは

グローブパートナーのwebサイトにはこのように書かれていました。

海外旅行傷害保険、グローブパートナーは、日本人のお客さまの為に世界最大の保険会社アリアンツ社と総合保険代理店ASSETS社が共同で開発した保険商品です。

海外旅行中、留学中のいざという時に本当に必要な医療補償・アシスタント補償・一般賠償責任補償を手厚くし、必要がないと思われる補償をなくした安心補償+コストパフォーマンス追求型の海外旅行傷害保険です。すでに全世界で100万人以上のお客様にご利用いただいております。

この海外旅行傷害保険は、クレジットカードによりオンラインで契約することができます。カード決済が確認されましたら、すぐに契約書および付保証明をMailにてPDFファイルでお送りいたします。

この保険の短期契約は、69歳以下の方でしたらどなたでもご契約いただけます。 長期契約は、長期で色々な国にご旅行される方、留学・ワーホリの方の為のものです。

ということは、クレジットカードがあれば、オンラインでどこにいても契約することができます

つまり、世界一周中にもっと旅を続けたいと思った時には、すぐに契約をすることができて安心だということです。

しかもコストパフォーマンス追求型の海外旅行保険とも書かれているので、金額に関しても期待がもてますね。

保険料金について

保険料に関しては、どの国・地域に行くかによって、また年齢によって金額が変わります。

旅行期間 日本からEUへ 日本からアジア・オセアニアへ 日本からその他国へ
〜35歳 36〜69歳 〜35歳 36〜69歳 〜35歳 36〜69歳
3ヶ月 135€ 177€ 177€ 231€ 177€ 234€
6ヶ月 270€ 354€ 354€ 462€ 354€ 468€
9ヶ月 405€ 531€ 531€ 693€ 531€ 702€
12ヶ月 540€ 708€ 708€ 924€ 708€  936€

世界一周に行くとなるとEUやアジア・オセアニア以外にも寄ることになりますので、その他の国を選択することになります。その場合の保険料を表で赤字にして書いておきました。

自分の場合、世界一周で1年以上は余裕で超えるだろうし、35歳未満だから・・・

708€!?日本円にして¥81703!(11/7現在のユーロ115.4円)

安っ!!!

ちなみに有名な金子さんの所でも保険料の相談をしたのですが、オススメのプランで年間約24万円。

その差約3倍!!!

もちろん、保険料金にこれだけ開きがあるということは、保険内容も当然違うので、単純にグローブパートナーが良いということにはなりません。

大事なのは保険内容が充実しているかどうかだと思います。

ですが・・・やはり普通の海外旅行保険の1/3の金額で保障が受けられるというのは、正直かなり嬉しいですよね。

6aeda53a73cbdb77b8df0cf948c694dc_m

保障内容について

先ほど述べたように内容が一番大事なところです!

安さの秘密もこの中に含まれているでしょうし、よく判断しなければいけません。

グローブパートナーの主な補償内容は以下の通りです。

  • 入院・通院・薬・検査等の医療費
  • 自国までの緊急移送等のアシスタントサービス
  • 個人賠償責任補償
  • 傷害死亡後遺障害補償
  • 自国から渡航地までの往復時の寄託手荷物補償

医療費の補償内容

内容 補償
入院・手術費(事前電話連絡により病院へ直接還付) 100%(注1)

免責・待機期間なし

通院での治療費、処方箋薬、X線などの検査、緊急移送費用 100%(注1)
緊急歯科治療 年間最高 300€
事故による歯科治療 年間最高 600€
1被保険者に対する年間最高医療費補償金額 150.000€ 

注1)ただしフランス国内の医療費還付は、次のようになっています。

  • 通院の場合、一日の治療に付き最高100€まで補償。
  • 入院の場合、フランスの社会保健局が承認している病院は実費100%補償。
  • フランスの社会保険局が承認していない病院の場合は実費80%まで補償。

赤字のところが大事で、医療費補償金額が設定されています!

年間150.000€日本円にして、約17,310,000円となり、2000万以下ということです。

この金額以上にかけたいと思っても、他のプランというものはありません。僕らが選べるのは保険をかける期間だけです。

また大きな特徴として、歯科治療が補償に含まれているという点です。

通常の海外旅行保険では、歯科治療が補償されることはないので、世界一周に行く前に歯の治療だけは済ませておけとよく言われていたものですが、このグローブパートナーの場合、その心配が無いというのはかなりのメリットだと思います!

アシスタンスサービス

内容 補償
救援費用 100%
本国への移送費用 100%
6日以上の入院時の親族付き添い費用 往復航空券+80€/泊(最高8泊まで)
親族が死亡した場合の緊急帰国費用 帰国航空券
常備薬が当地で見つからない場合の医薬品送付 100%
緊急メッセージ送付 100%
捜索費用 最高 3,000€
盗難時の金銭貸付 最高 700€
裁判補助費用 最高 3,000€
刑事保証金前払い 最高 7,000€
死亡時の遺体送還 100%(葬儀代1500€まで)

このアシスタンスサービスには、先ほどのように年間最高補償金額というのは設定されていません。

気になったのでデスクまで問い合わせると、このアシスタンスサービスの100%と書かれた項目のものは、上限なく実費分はすべて補償してくれるとのことでした。

これは嬉しいですね。

個人賠償責任保険補償

これは世界一周の行程中の事故における法律上の損害賠償を負った時の補償です。

内容 補償
人的損害 最高 4,500,000€
物的損害 最高 450,000€
委託品損害(インターンシップ中) 最高 11,500€

ただし、免責100€が必要です。

傷害死亡傷害保険

内容 補償
傷害死亡補償 8,000€
傷害後遺障害補償 最高 30,000€

これははっきり言って無いに等しいですね(笑)

傷害死亡補償が8,000€ということは、日本円にして約100万弱。

でも世界一周に行く人は、死亡補償を少なくする傾向にあるので、そういう意味ではコスパを高めるための配慮とも言えます。

寄託手荷物補償

内容 補償
自国または、居住国から渡航先への往復中の補償 最高 1,150€

joint-fracture-490818_1920

日本国内の海外旅行保険(金子)との違う点

国内での海外旅行保険を先述した金子秀人損害生命保険事務所でもらったプランと比較して違う点をまとめてみたいと思います。

やはり安いだけあって、比較をするとそれなりの理由がわかってきます。

  • 携行品損害補償がない
  • 疾病死亡がない
  • 航空機遅延補償がない
  • 通院は基本的に立て替えが必要
  • 歯科治療補償がある

と、簡単に列挙するとこんな感じです。

特に携行品損害補償がついていないので、高額な機器類を多く持っていく人にとっては痛い内容かと思います。

ちなみに僕も一眼レフやPCなどデジモノは多く持っていくつもりなので、この補償がないのは正直きついです。

行く場所によると思いますが、盗難が多い地域や治安の悪い地域に行く場合には躊躇してしまう内容ですよね。

あとは通院は基本的に立て替えが必要なところ

入院やアシスタンスサービスの場合、事前承認を受けていればキャッシュレスで対応してくれますが、通院の場合には、現地でお金を支払っておき、あとで保険会社に請求をするという流れになります。

しかしながら、お金のない中であまり現金を持って行かれたくないのが正直なところ。

しかも医療内容によっては高額な場合もあるでしょうし、そうなれば結局帰国せざるをえない可能性もあります。

この辺は旅の道程を左右しかねない内容なので、かなり悩むポイントです。

医療機関にかかったら

以下の書類が必要となります。

よく覚えておき、確実に現地の病院でもらうようにしましょう。

必要書類

  • 医師・病院の請求書原本
  • 領収書原本及び振込証明書
  • ※領収書が出ない場合:
  • 医療機関からの請求書に領収印がある場合は上記領収書類は提出不要です。オンライン振込をした場合は振込結果画面を印刷したものや、明細をご提出下さい。
  • 処方箋原本
  • 薬局等の領収書原本
  • パスポートの顔写真のあるページのコピー
  • 日本を出国したときの出国スタンプのあるページのコピー
  • 渡航先に入国したときの入国スタンプのあるページのコピー
フランスの場合
  • 医師、病院、ラボラトリ-のfeuille de soins原本(公式でない請求書は無効です。)
  • 処方箋のコピ-
  • 薬局のfeuille de soins原本
  • 保険金請求書
  • パスポートの顔写真のあるページのコピー
  • 日本を出国したときの出国スタンプのあるページのコピー
  • 渡航先に入国したときの入国スタンプのあるページのコピー

さて如何でしたか?

費用を抑えるという点において、今グローブパートナーは最良の選択の一つだと思います。

ただ費用の安さの理由は確かにあるということで、自分の中で内容をしっかり把握してもらいたいと思います。リンクを貼っておきますので、よかったら覗いてみてください。

そしてもし、契約をするならしっかりと疑問を解消した上で、次に行くようにしましょう。

海外旅行・留学・ワーホリ保険の グローブパートナー

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする