キエフから愛のトンネルがあるリヴネへの行き方☆鉄道とバスを比較☆ウクライナ

キエフから有名な愛のトンネルへ向かう拠点となるリブネへ行くためには鉄道、もしくはバスを使って行くのが一般的です。

そこで今回リヴネ(Rivne)への鉄道とバスについて調べましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

鉄道の場合(オンライン予約可)

鉄道駅はこちらです。

鉄道を使う場合はオンラインで予約するのがオススメです。

オンライン上で鉄道の時間や料金、果ては座席の指定まで出来てしまいます。

窓口に行くと英語の話せない方も多いので、自分が最初窓口でチケットを取ろうとしたときには、話が通じず、近くにいたウクライナ人の方に通訳してもらいながらのやり取りでした。

ただ、もしどうしても窓口が良いという方は駅の43番に行けばリヴネ行きのチケットを取ってくれます。

IMG 9257

東ヨーロッパでよくある窓口によって買えるチケットが異なるようです。

ただオンラインであれば人と話すこともなく、英語で画面を見ることができるので、まだわかりやすいと思います。

鉄道のオンライン予約に関してはこちらの記事で詳細を確認して下さい。

ウクライナは鉄道網が発達していて移動の際には鉄道が便利です。そのためバスよりも鉄道を使う人が多いと思います。 そこで今回はウクライナ鉄道で...

リヴネ行きの鉄道スケジュール

  • 7:35発〜14:35着
  • 12:17発〜20:18着

僕が調べた時には1日にこの2本でした。

鉄道の料金

鉄道のタイプによって座席の料金は大きく変わります。

7時35分発の座席タイプは3種類ありました。(先ほどの記事ではオンライン予約の見方なども解説しています。)

一等寝台車:576.23フリブニャ(約2420円)

二等寝台車:264.03フリブニャ(約1110円)

三等寝台車:167.02フリブニャ(約700円)

12時17分発の座席タイプは1種類しかありませんでした。

三等座席車:82.98フリブニャ(約350円)

かなり違いますね。

特に寝台車と座席車では快適さも違いますので、その辺りをよく考えてご購入ください。

バスの場合

バスで行く場合には鉄道駅の近くにあるバスターミナルまで行きます。場所はこちら。

ここでリブネ行きを探します。

IMG 9258

29番の所がリブネ行きでした。英語だと「RIVNE」ですが、ウクライナ語だと表記は「PIBHE」と書くようです。でもリヴネに行きたいと言えばわかってくれます。

バスのスケジュール

僕がバスに居たおじさんに聞いた時には

7:00〜23:00

の時間帯に1時間に1本出ていると言っていました。

ちなみに僕は9時10分ぐらいにバスターミナル着いて、結局出発したのは10時だったので、おそらく毎時ちょうどに出ているっぽいです。

バス料金

バス料金が値上がっているようで、ネットで調べた料金と違いました。

一人:230フリブニャ(約960円)

これだと鉄道の二等寝台車とほぼ同じ値段です。

バスのメリット

バスの方が結構高めなので、どうしようか迷ったのですが、バスにもメリットはあります。

  • Wifiが付いている
  • 所要時間が短い

意外にもしっかりしたWifiが付いていました。動画を見るには至りませんが、普通にネットサーフィンができるぐらいだったので、移動は快適でした。

また僕は10時に出発して、途中で何箇所か停車しながら向かっていき、リヴネに4時間弱ぐらいで到着しました。

鉄道であれば、早くて7時間かかることを考えたらまだ楽かなと思います。

リヴネの到着する場所

僕がリヴネに到着した時にバスが停まった場所が前情報と違いました。

緑のポイントが僕が到着すると思っていた場所です。

しかし実際にはそこには停まらず、他の2つの赤いポイントに停まりました。中心地に近い方が終着地です。

もしかしたら出発するバスの時間によって違うのかもしれません。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする