【具体的に解説】サラエボからモスタルへの安くて快適な行き方はこれ一択☆ボスニア・ヘルツェゴビナ

サラエボから世界遺産の橋がある場所として有名なモスタル(Mostar)への行き方を複数ご紹介しつつ、行き方として最適なものはこれだというものをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

モスタルへ行く方法は2つ

モスタルへ行く方法は基本的に2つあります。

  • バス
  • 鉄道

この2つです。

サラエボの出発場所、モスタルの到着する場所は、鉄道もバスもほぼ同じ場所にあるので、場所による違いは全くと言っていいほどありません。

一番良いのは鉄道

その中で僕がオススメするのは圧倒的に鉄道です。

後述しますが、はっきり言って鉄道の快適さは半端じゃありません。

さらに金額に関しても鉄道の方が3割引ぐらい安くなっています。

ネックになるのは出発時間の早さだけです。朝がどうしても苦手という方はバスでも良いかもしれませんが、それ以外でバスをオススメする理由はほぼ無いでしょう。

鉄道のスケジュール

モスタル行きのスケジュールは以下の通り

  • 7:15発 → 9:05着
  • 16:49発 → 18:44着

これに関しては鉄道のサイトがあるので、こちらで最新の情報を取得してください。

Federation of Bosnia and Herzegovina

モスタルからサラエボ行きの鉄道の時間も調べられます。

鉄道でのチケット購入方法

まずはサラエボの鉄道駅へ向かいます。

外観はこんな感じです。

IMG 8369

結構立派な感じですが、かなり古いです。

中に入って右に進むとチケット売り場の窓口があります。

IMG 8370

チケットはオンラインには対応していませんので、直接窓口に来る必要があります。

僕が来たのは5月下旬だったので、当日の朝に購入しても全然余裕で席がありました。もしかしたらシーズンである7月8月だといっぱいになる可能性もありますので、余裕を持って行動してください。

鉄道料金(バスとの比較)

サラエボからモスタル行きの鉄道とバスの料金です。

鉄道:11.9マルク(約770円)

バス:17マルク(約1110円)※もしかしたら更に荷物代が請求される可能性があります

バスよりも鉄道の方が3割近くお得となっています。

またモスタルからまたサラエボへ戻って来る予定なのであれば往復で購入すると2割引となり更にお得です。

鉄道(往復料金):19.4マルク(約1260円)

つまり鉄道を使って割引まで使えば、バスの片道に少しプラスするだけで往復できてしまうということです。

これは使わない手はないでしょう。

鉄道に乗り込む

実際に鉄道に乗り込む場合には、駅の正面入り口から入ったところを真っ直ぐに進むとプラットフォームに上る階段が出てきます。

IMG 8372

モスタルは終点ではないので、このCAPLJINA方面に向かいましょう。

ここを上がると鉄道が待っています。僕は20分までぐらいに来ましたが、すでに鉄道がいました。

チケットはその時によると思いますが、乗り込む際にチェックされるか乗り込んでから車掌さんが回ってきます。

鉄道の中は広くてめちゃくちゃ快適です!

出典:https://jtkatie.com/2017/10/mostar/

座席と座席の間はバスの軽く2倍はあって余裕がありますし、大きくてしっかりした台もあるので、PC作業も十分できますし、電源もあるため充電しながら過ごすことができます。

更にWIFIまで付いているという充実っぷり。

IMG 8373

画像のWIFIという書いてある横の文字がパスワードになりますので、それを入力すると繋がります。

ただ、僕が乗った時は全く使えませんでしたが(笑)

しかし、席の余裕さと鉄道の安定した走行のおかげで快適に過ごすことができました。

座るのは進行方向左側の席へ

モスタルへ向かう際に鉄道に乗るのであれば座る場所は間違いなく左側(南側)です。

右側と左側では景色が全く違うからです。

僕も常に見ていたわけではありませんが、右側は崖というか山というかそういったものがすぐあって、ほとんど景色というものは見れていませんでした。

そのため、右側に座っていた人が左側へ移ってきたほどです。

IMG 8375

乗る時は絶対に左側をオススメします。

モスタルの到着する場所

モスタルで到着する場所はこちら

絶対に鉄道がオススメなので、快適な列車の旅をお楽しみください。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする