バイナ・バシュタ→ウジツェ→ヴィシェグラードへのバスを使った行き方☆セルビア☆ボスニア・ヘルツェゴビナ

バイナ・バシュタからウジツェを経由してボスニア・ヘルツェゴビナのヴィシェグラードまで移動しましたので、その方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

バイナ・バシュタ(Bajina Basta)からウジツェ(Uzice)

バイナ・バシュタから直接ヴィシェグラードに行く事ができなかったので、トランジット都市であるウジツェにまずは向かいます。

バスターミナルはこちら

バイナ・バシュタからの時刻表はこちら

IMG 8310

ここから直接ベオグラードにも行けるみたいですね。ただ、結構ややこしいという話を聞いたので、ベオグラードに向かう場合も一度ウジツェに戻った方がいいらしいです。

バス料金

バスの料金はあらかじめバスの窓口で支払ってチケットを購入しておきます。

ウジツェまでは

一人:230ディナール(約230円)

僕がウジツェからバイナ・バシュタに来た時は350ディナールだったので値段の違いにびっくりしました。

おそらくバス会社によって値段が変わるんだと思います。ただ、バス会社ごとの窓口ではなく、一つの窓口で全てのバスを販売しており、こちら側には時間しか伝えられないので、バス会社を選ぶのは困難です。

ウジツェからヴィシェグラード(Visegrad)

ウジツェからヴィシェグラードへのバスはウジツェについたバスターミナルから出発します。

ちなみにウジツェからヴィシェグラードへのバス時刻表はこちら

IMG 8305

ネットの情報だとウジツェからヴィシェグラードへのバスは1日に3本ぐらいあったと思ったのですが、ここには1本しか書いてありませんでした。

一応窓口のおばちゃんにも他に無いのか聞いてみたのですが、英語が通じなかったのか適当にyesyesと言われて流されてしまい、結局分かりませんでした。

一応これに照準を合わせておいたほうがいいような気がします。

時間は11時なのですが、僕の時にバスが来たのは11時45分ぐらいでした。ここまでバスが遅れたのは東ヨーロッパで初だったのでびっくりしましたね。

バス料金

バス料金は窓口であらかじめ支払いますが、荷物代が別に取られます。荷物代はバスのスタッフに直接支払います。

バス料金:590ディナール(約590円)

荷物代:120ディナール(約120円)

荷物代は60ディナールという情報だったので、高すぎると抗議したのですが、聞いてもらえませんでした。

ノヴァ・ヴァロスからウジツェでも荷物代が50ディナールだったので、これは完全にやられてると思います。

ヴィシェグラードの到着する場所

ヴィシェグラードではバスターミナルというものがなく、普通の道端のバス停に降ろされます。

場所はこちら

ヴィシェグラードはとても雰囲気の良い場所で橋が有名です。

IMG 8326

IMG 8328

橋以外にも僕は素朴な町の雰囲気が好きでした。

IMG 8332

それにボスニア人の人柄の良さがとても分かり、子供達も積極的にこちらに挨拶をしてくれたり、遊びたいのかちょっかいをかけてきたりしました。結局子供達とキャッチボールをすることになり、ボスニアが一気に好きになりましたね。

普通に挨拶をするだけでこの土地の人達の良さが分かるので、是非地元の人と触れ合ってみてください。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする