ウヴァツにある2つの展望台の場所とシエニツァからの効率の良い行き方を解説☆セルビア

ウヴァツ(Uvac)はセルビアとボスニアヘルツェゴビナとにまたがる117kmの川の事で、ここシエニツァから行ける場所から絶景スポットへと行くことができます。

その絶景とはこのウヴァツ川が龍のように曲がりながら渓谷を流れている姿です。

今回その絶景を見るべく個人で訪れたので、その時の事と効率の良い行き方をご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ウヴァツの2つの展望台の場所

ウヴァツ川の絶景を見る展望台は2ヶ所あります。それがこちら

(地図を縮小すれば街からの位置関係がわかります)

川を挟んで東側と西側です。

どちらにも展望台が設置されていて、しっかりと川のうねりを見ることができます。

ちなみにどちらの展望台に行くにも距離は約15kmです。

オススメは東側

僕がオススメしたい方は東側の展望台です。

理由①:東側ルートの方が川の近くを歩くことになるので、気持ちいい

個人で行くとなると基本的に徒歩が組み込まれるのですが、西側ルートを歩くとなると山道ばかりなので結構精神的にキツい気がします。と言っても、僕が実際に歩いたわけではないので、もしかしたら良い景色が広がっているかもしれませんが・・・

ただ、東側ルートは結構川に沿って進んでいく形なので結構楽しいです。

理由②:西側ルートは結構アップダウンが激しい

西側ルートは東側ルートと比較して高低差が多少あります。そのため、歩くとなるとその分大変だということです。

理由③:東側からのみ川にある洞窟を見れる

ウヴァツの写真を見て頂いたらわかると思いますが、川に大きな洞窟があります。まあだからといって有名な洞窟でもなんでもないのですが、これが結構面白くて、僕は好きでした。

この洞窟を見れるのが東側だけなんです。そのため、行くのであれば東側からの景色を見に行かれた方がいいかなと思います。

ウヴァツへの行き方は3通り

では実際に展望台へ行く方法ですが、大きく分けて3通りあります。

  • 車で展望台まで行く

セルビアを観光している欧米人などは結構レンタカーなどで周っている事が多いです。そのため東側の展望台は近くまで車で行くことが可能です。

なので、宿などで同じように展望台まで行く人がいて、かつ車を持っていれば連れていってもらうのが一番簡単で楽な方法です。

そしてあとはタクシーという方法です。これに関しては確定的な事が言えないのですが、宿の人に聞いたところ15ユーロぐらいじゃないかと言っていました。

ただ、外人の場合少し高めに取られると思うとも言っていたので、逆に言えば交渉の余地はあると思いますし、大人数で行くのであれば割ればそこまでかからず行ける可能性はあると思います。

  • ヒッチハイクと徒歩で行く

ルートには一般道とトレッキング道があるので、ヒッチハイクで途中の村まで誰かに乗せてもらい、そこからトレッキングするという方法です。

  • 最初から最後まで徒歩

そして最後が全行程を徒歩で行くという方法です。

正直全然できない事ないと思いますが、往復30kmは歩き慣れてない人には結構大変だと思います。しかもそれなりに昇り降りを繰り返しますので、無理は禁物ですよ。

一番現実的なのはヒッチハイクと徒歩

僕が思うに一番現実的なのは、ヒッチハイクと徒歩です。

僕は実際にこれで行きましたが、ヒッチハイクの準備さえしておけばそこまで難しくないと思います。

ヒッチハイクでまずシエニツァから北に行ったkrstacという地域へ向かいましょう。

そこからはトレッキングとなります。そして帰りもこの場所からヒッチハイクをしてシエニツァに戻ります。

それだけで徒歩をする距離が半分になります。往復で15kmぐらいならそこまで体力の無い人でも楽しんでトレッキングできるレベルだと思います。

ちなみに先ほどヒッチハイクの準備と言いましたが、一番大事なものは行き先を大きく書いた紙です。

単純に道端で親指を立ててヒッチハイクをしている人間を簡単に拾ってくれるほど甘くはありません。

特に男一人や男二人組などは警戒されてしまって、なかなか難しいと思います。

ちゃんと行き先を書いた紙を持って、こちらの目的地などを明確にする事で拾ってもらいやすくなりますよ。

僕はこれで3台目で止まってくれて、拾ってもらいました。

実際の行き方

では実際に僕が行った行程をご紹介いたします。

ヒッチハイクの準備とか言っておきながら恥ずかしいのですが、実は僕が準備不足でした(笑)

帰りの事しか頭になくて、帰りの時に使うようにシエニツァ(sjenica)の文字を書いた紙は持っていたのですが、最初にクルサック(krsac)の文字を書いていませんでした。普通に最初は歩いて行こうかと思っていたので・・・

でも途中でやっぱりヒッチハイクした方が良いなと思って、先ほど言った親指を立てたり、手を振ったりしてみたのですが、誰も止まってくれませんでした(笑)

なので、本当に紙は大事です!

という事でkrsacまで徒歩で向かいました。先ほど地図で示したkrsacの場所には看板があります。

IMG 8352

こんな感じでUvacに関する事が書かれています。

そしてそこにある橋を通ってトレッキングコースへと入っていきます。

IMG 8353

途中で川を展望できるようなレストランらしきものがあったりします。それらを超えてずっと歩いていくとキャンプ場にぶつかります。

キャンプ場の方へ降りていき

IMG 8355

右奥のトイレと書いている方向へ進むと

IMG 8356

ちょっとしたゲートみたいなのがあります。

これを更に進んでいきます。

このトレッキングコースはそれなりにアップダウンがあるので、体力の無い人は覚悟しておいてください。

川沿いで結構景色が良いかと思えば、普通に山道みたいなところも歩きます。

Uvac

何回も上り下りを繰り返して、最後徐々に登っていくといよいよ景色が綺麗になってきます。

そしてトレッキングコースに入って7km、ついに展望台が現れます。

Uvac2

感動間違いなし!最高の絶景!

この展望台から見た景色がこちらです。

Uvac4

微妙にピントがずれてるのが残念すぎる・・・

Uvac3

対岸にも展望台があるのが見えますよ。(写真では小さすぎてわかりませんが)

そして最初にこの東側を勧めた理由の洞窟があるのがわかるでしょうか?

結構大きくて、ここの中に船で入っていくこともできるようです。先ほどのキャンプ場から船が出ていて、実際に乗っている人も見ました。

IMG 8274 2

こちらはパノラマ撮影したもの。

ここまで来るのは結構大変でしたが、この光景を見る事ができて全て疲れは吹っ飛びました。

帰り方の更に楽な方法

帰りもトレッキングコースでkrsacまで行くと言いましたが、もし他に車で来ている人がいたら、その人達にシエニツァまで乗せてもらうのは手です。

ほとんどの観光客はシエニツァに宿泊していると思うので、方向が同じですし道端で会うよりも遥かに交渉しやすくて楽勝だと思いますよ。

僕が行った時は午前中に雨が降っていたというのもあり、誰一人いませんでしたので、krsacまで歩いて戻りました。

そして先ほど行ったように、紙を出してヒッチハイクを始めたら3台目に来た大型のトラックが止まってくれて、シエニツァまで送ってくれましたよ。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする