ヨーロッパでパスポートが他国まで行ってしまった時にした対策☆ドイツ

ヨーロッパを周遊中にバスに乗っていて、うっかりバスの中にパスポートを忘れてしまいました。

その時に自分がとった行動や対応、またその時の経過を記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

オランダからドイツへ

オランダのアムステルダムからドイツのデュッセルドルフへバスを使って移動をしました。

バス会社は「Regio jet」という会社でした。

僕は普段サブバッグを車内に持ち込むのですが、この時のスタッフが厳しくて僕のサブバッグが大きいから下のトランクに入れろと言われました。

そのためちょっとした貴重品(PC,周辺機器,カメラ)やパスポート類を持って車内に入りました。パスポートは普段ファイルの中に入れていたので、ファイルごと持ち込んで席の前のネットに置いてしまっていたのです。

本来ならちゃんとセキュリティポーチなんかに入れて肌身離さず持っておくべきなのですが、この時はネットに置いていたのです。

そして翌朝デュッセルドルフに到着した際に、持ち込んだPC等々を持って慌てて降りました。

パスポートが無い!

荷物を全部引き取って、デュッセルドルフのホステルに到着した際にパスポートを提示しようと思ってファイルを出そうとしたところでようやくパスポートが無いことに気づきました。

パスポートの写真は撮って、携帯の中に入れていたので、それをホステルのレセプションに見せてチェックインは出来たのですが、パスポートが無いと今後の旅が続けられません。

僕が乗ったバスはアムステルダムからチェコのプラハまで行くルートだったので、最悪チェコまでパスポートが行ってしまっている可能性がありました。

ヨーロッパでは他国へ行くにしても入国審査などは無しで入ったりできますが、国際線のバスに乗るときなどにはちゃんとオリジナルのパスポートを見せないといけなかったり、バスで移動中に検問があって警察官にパスポートを見せないといけないことが何回もあったので、パスポートは必要だと思っていました。

バス会社への連絡

気付いた時点でバス停に向かってももちろんバスはすでに出発してしまっているので、とりあえずバス会社と連絡を取ろうとしました。

ホステルに電話を借りてバス会社のHPに書いてあった24時間対応のコールセンターにかけてみたのですが、自動音声だけが流れて切れてしまいました。自動音声はオランダ語だったようでドイツのホステルのスタッフも何を言っているのか分からないとのことでした。

何回か色々電話をかけようとチャレンジしたのですが、全然通じず、結局諦めてメールを送ることにしました。

  • パスポートを忘れたがそちらで預かってもらっているのか。
  • 預かってくれているならどこにあるのか。

以上の2点について質問をしました。(英語です)

メールを送って、返事が帰ってくるまでに情報収集をすることにしました。

まず可能性として考えられるのが

  • パスポートは終着地で預かってもらっている
  • パスポートを紛失してしまっている
の2点でした。
預かってもらっているのかどうかはまだ分からないので、紛失した場合のことを考えて再発行の方法について調べていました。
パスポートの再発行には、その国の大使館や領事館などで手続きを取る必要があるということだったので、ドイツの日本大使館の場所を調べると何箇所かあり、デュッセルドルフにも領事館があるということが分かりました。
その日はすでに領事館が閉まっていたので、次の日の午前中に行くために場所や行き方などを調べているとメールの返事が帰ってきました。
返事を要約すると「パスポートはチェコのプラハにある事務所で預かっているから取りに来てほしい。事務所が開いてる時間は◯時〜◯時までです。」という様な内容でした。
パスポートは紛失していなかったという所でひとまず安心したのですが、やはりチェコのプラハまで行ってしまっていました。前述した様にバスに乗り込む際や検問などでパスポートチェックがある可能性があるため、出来るだけデュッセルドルフで受け取りたいと思い、再度メールを送りました。
  • パスポートを郵送してもらう事は可能か
  • 郵送以外の方法はあるのか
以上の内容を送って、その日は終了となりました。

在ドイツ日本領事館での対応

翌日の午前中からデュッセルドルフにある日本領事館に向かいました。

日本領事館はこちらにあります。

日本領事館内は撮影禁止だったので中はお見せできないのですが、内部に入ると荷物検査があってそれが終わると順番が来るのを並んで待つ感じでした。

順番になってパスポートは紛失していないけどチェコにあり、送ってもらえるかどうを確認中という事を伝え、送ってもらえず取りに行かなければいけない場合、どうしたらいいか等こちらに住んでおられる領事館員の方の意見を尋ねました。

すると窓口に出てくださった方が奥に行って、他の方々と色んな方法を検討してくださった様でした。

少し座って待っていた所、再度呼ばれて言われた事は以下の3つです。

  • 領事館としてはパスポート不携帯で国境を越えるはオススメできない(警察に捕まって最悪日本へ強制送還になる可能性があるため)
  • 送ってもらえる様になった場合でもドイツの郵便事情は日本よりも悪いため、どこまで信頼して良いものか怪しく、何日も待たなければいけない可能性がある
  • 領事館側としては一番確実なのがパスポートをもう再発行してしまう事

領事館の方々の対応はとても丁寧で、お役所的な感じではなく、非常にこちら側の立場になって考えてくれている様な印象が伝わってきました。

「領事館としては」という言い方も責任逃れというよりも、「こう言うしかなくて申し訳ないんですが・・・」という感じだったので、全く嫌な感じはありませんでした。

こちらももちろん何かあった時に領事館に責任を取らせようなどというつもりは一切なかったので、一応パスポートの再発行方法だけ聞いて、バス会社からの返事を待つことにしました。

最終的な解決策

夜になってからメールで返事が返って来ました。

  • パスポートを郵送する事はできない
  • 自分が乗ってきたバスの復路便のスタッフにパスポートを渡して、翌朝デュッセルドルフに到着するから、バス停で受け渡しをする事は可能

という返答でした。

この申し出はこちらにとっても願ったりかなったりで、郵送よりも確実で、かつ早く取り戻すことのできる最適の方法だったと言えるでしょう。

すぐに返信をしました。

  • その日の夜の便から渡してもらう事は可能か
  • その日が無理ならいつ可能か

という内容で返信すると、数時間後にその日の夜の便で持っていくから次の日の朝9時にデュッセルドルフ中央駅のバス停に来る様に言われました。

今回使ったバス「Regio jet」のスタッフは非常に親切で本当に助かりました。

おかげで翌朝に無事パスポートを受け取る事ができて、パスポートの再発行や郵送を待つなどの面倒くさい事は一切せずに終わりました。

今回は自分の情けないミスによって、色んな人に迷惑をかけて、助けてもらいながら無事にパスポートを取り返すことができました。

もし万が一僕と同じ様な目にあってしまった方の参考になれば幸いです。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする