グアヤキルからペルーのワラスまでバスでの行き方☆エクアドル☆ペルー

グアヤキルからトレッキングや69湖で有名なワラスまでバスで行く方法をご紹介いたします。

今回僕は少し色々と間違いがあって結局ワラスに行くことになったのですが、それらも少し踏まえてご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

グアヤキルからワラスまでは直通がない

まずグアヤキルからワラスに行くまでですが、この間を通っている直通バスがありません。そのため、ワラスに行くにはバスを乗り継いで行くしかないのです。

簡単な方法は一度リマまで行って、そこからワラスに行くというのがもっとも簡単ですが、時間もお金も掛かってしまいますので、全くオススメできません。

ちなみにグアヤキルからペルーのリマに直通で行くよりも乗り継いで行ったほうが、時間はかかりますが、安いです。僕らはワラスという余計な場所に行ったにも関わらず、最終的な移動費用は直通でリマに行くよりも安くなりました。

グアヤキルからピウラ(Piura)

グアヤキルのバスターミナルからピウラまでのバスチケットを購入します。

バスターミナルは空港とほぼ併設されていて、すぐ近くにあります。

ここで購入したバス会社はCIFAです。数あるバス会社の中でここが一番安かったです。

このバスターミナルはとても大きいのでバス会社もかなりの数があります。このCIFAは36番の窓口にありますので、覚えておくと便利だと思います。

IMG 9414

ただ僕は最初このバスでマンコラ(Mancora)という海沿いにあるサーフィンが有名な場所に行こうとしていました。理由は少しのんびりしたかったからですが、このマンコラに行くのもこの会社が一番安かったです。

チケット代金は

マンコラまで:一人17ドル

ピウラまで:一人22ドル

出発は21時でした。出発の30分までにはバス乗り場に向かいました。このCIFAのバス乗り場は107番です。バス乗り場の107番に向かいましょう。

IMG 9415

バスは安いバスなので、そこまで綺麗な感じではありませんが、普通です。

IMG 9418

バスは予定通りに出発し、夜中に国境に到着し、イミグレで手続きを行いました。

IMG 9416

ここのイミグレはエクアドルとペルーの検査官が隣り合っているので、エクアドルが終わればすぐにペルーとなって効率的でした。

とはいえ、1時間以上は色々と待たされてようやくペルー側に入ることができました。

僕はこの後途中のマンコラで降ろしてもらう予定だったのですが、結局マンコラで降ろしてもらえず、バスは止まることなくピウラまで行ってしまいました。

夜中で寝てしまっていたので、途中で街が通り過ぎたことに気づき、運転手に言いましたが「もう過ぎたから無理だ」とだけ言われ、結局そのままピウラまで行くことになりました。

バスチケットを買っているのに、乗客の降車場所も把握せずに運転している・・・さすが南米ですね(笑)

仕方がないので、ピウラで降りました。追加料金は請求されなかったので、結局17ドルでピウラまで来れた事になります。ただ、ここからまた戻るのも面倒くさかったのでこのままリマまで行ってしまおうかどうしようか考えていました。

するとバスターミナルで何度か旅の途中で出会った韓国人2人と再会し、その二人がワラスまで行くというので便乗する事になり、ワラス行きが決まりました。

2人は違うバス会社でピウラまで25ドルだったようなので、やはりCIFAが一番安いようです。

ピウラからチクラヨ

ピウラからチクラヨに行くのはこちらのバスを使いました。

IMG 0289

「SUPER SEMERIA」というバス会社です。

ここでチクラヨまでのバスチケットを購入しました。

バス料金は一人8ドルでした。

本当はペルーの通貨であるソルで言われたのですが、ペルーに入ったばかりでソルを持っていなかったため、ドルで支払えるか聞いたところ支払えるとのことだったので、8ドルになっています。

こちらのバスに乗り込みチクラヨまで向かいました。

チクラヨからトルヒーヨ

チクラヨに到着すると次にトルヒーヨに向かうバスに乗らなければいけないのですが、バスの到着した場所とトルヒーヨへ向かうバスターミナルが結構離れているため、僕らはタクシーでそのバスターミナルまで向かいました。

タクシーは8ソレスでした。

この時近くにATMがなかったので、バスターミナルに併設されていた両替所でドルを交換しました。

トルヒーヨに向かうバスターミナルはこちらです

外観はこんな感じです。

IMG 9423

おそらくここのバスターミナルからトルヒーヨへ行くバスは一つしかないので、迷うことはないと思います。

トルヒーヨまでの値段は

一人24ソレス

ここではクレジットカードでの支払いが可能だったので、そのままクレジットカードで支払うことが出来ました。

トルヒーヨからワラス

トルヒーヨに到着するとすっかり遅くなっていて、ここからワラスまでは夜行で行く事になります。

トルヒーヨのバスターミナルでは多くのバス会社があって、ワラスまでのバスも多発していました。

その中でも僕らは一番安かった「EXPRESO YUNGAY」という会社にしました。

IMG 9426

一人20ソレス

25ソレスというところが多く、ここも始めは25ソレスと言っていたのですが、最終的に20ソレスまで下げてくれました。

こちらのバスに乗り込み、ようやく僕らはワラスに向かうことが出来ました。

到着は翌日の早朝でした。
a

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする