グアヤキルのバスターミナルから市内までバスを使った行き方☆バスカードの買い方☆エクアドル☆

エクアドルの第二の都市と言われるグアヤキルにバーニョスからバスで来て、ターミナルにおろされる、もしくは飛行機でグアヤキルの空港に到着するといった状況では、両方ともほとんど同じ場所に来ることになると思います。

そこから市内に行きたいとなった場合に、安く行く方法はやはりバスです。そこで今回は市内へバスで安くアクセスする方法をご紹介いたします。またバスに乗るためのカードを安く購入する方法もご紹介いたします。

ちなみに今回使うバスは各バスの停留所がしっかりと囲われていて、さらに各駅内には一人警察官が常にいるという警備体制の万全なバスなので、基本的に安心ではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Metroviaのターミナルへ

市内を走るセキュリティのしっかりしたバスは「Metrovia」といいます。

Metrovia

場所は長距離バスターミナルの北側に位置していて、ターミナルを出ると前方に大きな屋根のある建物が見えると思います。


Metrovia terminal

歩道橋を使って、そこまで行けばすぐ改札になります。Metroviaは南米各国で多く採用されているシステムで、日本の地下鉄が電車ではなくバスになっているという感じでしょうか。

このMetroviaには専用の道路が設置されていて、他の車やバスは通ることができません。そのため、道路が渋滞していたとしても、このバスだけは普通にドンドン進んで行くことができます。

本当に地下鉄をバスが代行しているという感じです。しかも普通の道路を走っているバスより高いかと言われればそうでもありません。

そのため、Metroviaはグアヤキル観光でかなりの力を発揮してくれました。

【重要】ターミナルの窓口でバスカードを購入すると安い

ターミナルの改札に着いたら、普通の改札機と自販機のような物があると思います。

Metrovia terminal4

この自販機でバスカードを買ったり、そのカードにチャージをすることができます。ですが、このターミナルでは自販機でカードを買うことをオススメしません。

サブタイトル通り、奥にある窓口でカードを買ったほうが安いからです。

Metrovia terminal3

カードの値段は

窓口で購入:1枚1ドル(50セント分チャージ済)

自販機で購入:1枚3ドル(チャージされているかどうかは把握してません)

自販機の方はカード自体がすでに3倍の値段がする上に、おそらく知り合いの話ではチャージはされていなかったと思います。

そうなれば窓口でのカードの代金は実質50セントということになり自販機の方が6倍高いということになります。

乗る金額ではなく、ただのカード、しかもグアヤキルでしか使えないカードをわざわざ購入するので、できる限り余計な出費は抑えたいところです。

この窓口は普通のバス停にはないため、買うチャンスはこのターミナルしかありません。荷物が多いから最初はタクシーでホステルまで向かうという人であっても、最初にこのターミナルでカードを買ってからタクシーでホステルに向かった方が良いでしょう。(もしその後使う予定があるのならですが・・・)

乗車料金

このMetroviaは路線内であればどこまで行くにも1回の料金は同じです。

一回30セント

少し扱いにくい金額ですが、仕方ありませんね。

こまめにチャージを繰り返すのが賢い使い方だと思います。

自分の目的地がどこの駅に近いかを確認

最初に自分のホステルがどの駅に近いかを把握しておいてください。

といっても、Metroviaの路線がどのように通ってるかわからないと思うので、下に地図上のどこにバスが通っているかの地図と路線図をそれぞれ貼っておきます。

もしこの画像で見にくかったら、サイトから見てみて下さい。

またはMaps meというオフラインの地図アプリでもわかりずらくはありますが、Metroviaの駅が載っているので、それを見て自分のホステルとの関係を把握しても良いかもしれません。

ちなみグアヤキルの長距離バスターミナルはフリーWi-Fiがありますので、それで調べても構いませんが、一度繋ぐと30分間しか繋いでいられませんので注意してください。

ただし、複数の携帯やタブレット、PCがあれば30分毎に繋いで使えますよ。

ラッシュの時間帯は軽犯罪に注意

このMetroviaはダウンタウンの中心部を網羅して走っているので、地元の人達の使用頻度もかなり高いです。

特に朝と夕のラッシュ時はぎゅうぎゅう詰めなので、乗ることはあまりオススメできません。

やはり満員バスの中ではスリなどが発生しやすいと思います。駅には警察官がいますが、バスの中にはいません。そこは自分で自分の身を守る必要があると思いますので、気をつけてください。

Metrovia station

分かりにくいですが、中央左に黒っぽい服の警察官がいます。

日曜日ならかなりマシですが・・・それでも人が多ければやり過ごして次のバスとかでも良いと思います。かなりの本数が走っているので、次のバスも10分もあればくると思います。

僕はそこらへんを注意して、長距離バスターミナルの行き帰りを全ての荷物を持ってMetroviaに乗りましたが、特に問題なく行くことができました。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする