キトから温泉街バーニョスまでバスを使った行き方と観光案内☆エクアドル☆

バーニョス(あるいはバニョス)という街をご存知でしょうか?この街名を直訳するとお風呂(やトイレ)という意味です。その名の通りここは温泉街として、そしてアルプスの少女ハイジに出てくる大きなブランコがある場所として有名な所なのです。

キトとグアヤキルというエクアドルの2大都市の中間部ぐらいに位置しているため、多くの人が両都市を行き来する際に立ち寄る場所であり、また観光都市なので様々なアクティビティが整っている場所でもあります。

今回はキトからそのバーニョスまでバスを使った行き方とその他の観光地への行き方などを一挙にご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

キトのバスターミナルまでの行き方

キトの市内から旧市街の南にある「Quitumbe」というバスターミナルに向かいます。

この場所はエクアドル最大で世界百名瀑にも選ばれた「サン・ラファエルの滝」に行くときにも使うバスターミナルです。(ここの滝本当にオススメです!)

サン・ラファエルの滝というのは日本人にはあまり馴染みのない滝かもしれません。ですが、この滝はエクアドル最大の高さを誇る滝であり、とても大きな...

この記事でも行き方は詳しく書いてますが、まずメトロバスを使ってQuitumbeまで移動します。

料金は一人たったの25セントです。

そしてターミナルなので、どの駅でもすぐにどこで乗れば良いかわかると思いますし、バスにも書いてあります。

それに乗り込みバスターミナルに着くと、隣の大きな建物に入ります。

バスターミナルでのチケット購入と値段

中に入って中央らへんに進んで行くと1階の部分でBanos行きと書かれたバス会社を発見できると思います。そこでチケットは購入できます。

または、2階部分にも沢山チケット売り場があるのですが、33番の窓口でもチケットを購入することができます。

そこでBanosに行きたいという旨を伝えると買えると思います。

僕が買った時は一人4ドルぐらいでした。

それを持って、バーニョスへ向かうバス停でバスを待ち、乗り込みます。

バスのスケジュール

キトからバーニョスまでのバスはかなりの本数が出ていました。

IMG 0222

  • 3:50
  • 4:10
  • 4:25
  • 5:10
  • 5:20
  • 5:30
  • 5:50
  • 6:35
  • 6:40
  • 7:35
  • 8:25
  • 9:15
  • 9:40
  • 10:40
  • 11:20
  • 12:10
  • 12:50
  • 13:30
  • 14:00
  • 14:30
  • 15:00
  • 16:20
  • 17:05
  • 17:55
  • 18:50
  • 20:05
  • 22:45

合計で27本ものバスがバーニョスに向けて出発していました。

このバスは席が決まっていないので好きな席にいけるのですが、全然お客さんもいないだろうと予想していたのですが、ターミナルから出発する時だけ複数人だったのが結局満員になりました。

地元の人達も多く使うようですね。

ターミナルから向かう分には余裕でチケットが買えると思います。

所要時間は4時間弱ぐらいでした。

観光案内Vol.1:温泉

まずはやはりバーニョスと言われるほど有名な温泉をご紹介したいと思います。

海外の温泉は比較的ヌルめのお湯が多かったりするのですが、ここの温泉は湯温が十分温かいです。

そのため、日本人好みの温泉だと言えるでしょう。

温泉の場所

この温泉は町の東側にあります。

こちらが温泉の外観です。滝のすぐ手前にある施設なので、すぐわかると思います。

Ecuador banos

この近くにある滝を見ながら温泉に浸かることができます。

Ecuador banos2

実際の温泉を上から見るとこんな感じです。

IMG 9197

透明な温泉ではないようですね。

温泉の時間帯

この温泉にはオープンの時間帯が昼と夜で分けられています。

IMG 9191

昼の時間帯:5:00〜16:00

夜の時間帯:18:00〜21:30

となっています。

温泉の料金

料金は昼と夜で異なっています。

昼の値段:大人2ドル、小人1ドル

夜の値段:大人3ドル、小人1.5ドル

夜の方が少し高くなります。

その理由としては、この温泉は基本的に露天風呂なのですが、夜はライトアップがされます。滝もライトアップされるので、そういった綺麗な景色を見ながら入れるからというのがあります。また夜にしか使えないお風呂の場所もあるようです。

またこの温泉ではプールキャップの着用が義務付けられていて、皆必ずこれを付けて入ります。

そんなものは持っていない人がほとんどだと思いますが、この場で買うことができます。

値段は1ドルです。

ただし、レンタルすることも可能です。その場合は1回50セントです。(レンタルする際にはデポジットとして50セント必要なので、最初に1ドル渡して、帰りに50セント返してもらうという感じ)

つまり2回以上入るのであれば買った方がお得ということです。

温泉に浸かるまでの流れ

入場料を払って、プールキャップを買うなり、借りるなりしたら、上に上がっていきます。するとそこはもう露天風呂があるところです。

更衣室が左前にあるので、そこまで進み近くにある箱みたいなものを持って、更衣室に入り、着替えなどをその箱に入れて、外に出ます。

更衣室を出て右正面に着替えなどを預ける場所がありますので、そこでその箱を預けて番号をもらいます。

そうすれば温泉に浸かることができます。

人によっては、温泉の中に入る前にシャワーに浴びさせられるらしいですが、僕は特に何も言われませんでした。

シャワーはちなみに水シャワーしかありません。

感想

結構温度が温かくて、しばらく入っているとしっとり汗をかいてくる感じでした。

久しぶりにお湯に浸かることができたので、正直めちゃくちゃ気持ち良かったです。

その時は長居出来なかったのですが、正直しばらく滞在して、何回も入りに来たかったです(笑)

観光案内Vol.2:ハイジのブランコ

このバーニョスにはアルプスの少女ハイジのオープニングに出てきそうな、大きなブランコがあります。

それがこの町から少し山を登ったところにある展望所的なところに置いてあるので、観光客はほとんど行くとても人気のある場所です。

値段も安いので、バーニョスにきた際には寄られることをオススメいたします。

Casa del Arbolの場所

その場所は「Casa del Arbol」というところで、ここにあります。

ここまで町からでているバスに乗って行くのが普通です。

バス停の場所

バス停は町の中に一箇所しかありません。

IMG 2099

Google mapには載っていなかったので、maps meで紹介しますが、中央のセントロから3ブロックほど西に進んだところにバス停があります。

この十字路まで来ると張り紙がしてあります。

IMG 0232

この張り紙を見つければ、この辺りにバスが停まっていると思いますよ。

IMG 9198

バスのスケジュールと料金

バスのスケジュールは先ほどの画像にもありましたが、

行きのバスが

  • 5:45
  • 11:00
  • 13:00
  • 14:15
  • 16:00

そして帰りのバス(casa del arbol発)

  • 8:00
  • 13:00
  • 15:00
  • 16:00
  • 18:00

となっています。

あまり大きな施設ではないので、1時間もあれば十分満足できると思いますので、そこらへんを考えて行かれたら良いと思います。

バスの料金は一人1ドルです。

あと、天気が良い方が圧倒的に気持ちいいですよ。

施設内容

バスで45分ほど揺られると到着します。

そこまで距離は無いのですが、山道が急なので、かなり蛇行して行くため時間がかかります。

Casa del arbol

このような受付のハウスがあるので、ここで入場料の1ドルを支払います。

中に入るととても綺麗に周りの景色を見ることができます。

IMG 9202

そして敷地内にはハイジのブランコが・・・

Casa del arbol2

Casa del arbol3

こんな感じで写真が撮れますよ。

実際に行ってもブランコは気持ちいいですよ。

また近くにいるスタッフさんにチップを渡すとブランコを死ぬほど強く押してくれますので、かなり上まであがる事ができます(笑)

皆叫んで楽しんでいました。

IMG 9216

またこういう簡易的なジップラインもありました。

帰りも大人しくバスで帰ること!

帰りは距離的に町まで遠くなく5kmぐらいだったので、歩いて山を降りて帰ろうと試みたのですが、これが大失敗でした。

しかもバスが通るような道ではなく、maps meにあった登山道のようなところを下っていきました。

最初こそとても綺麗な山の景色などを見る事ができて、良かったのですが、後半は下りが強すぎるし、登山道でもなく、もはやただの獣道を通って帰ってきました。

2時間近くかかって帰って、脚はガクガクだし、おとなしくバスで帰れば良かったと後悔しました。

皆さんも変な帰り方はやめた方がいいですよ(笑)

感想

この場所は景色がとても綺麗でした。僕が行った時は残念ながら曇りだったので、晴れの日だったらかなりの絶景だと思います。

ブランコもとても楽しいですし、こちらもオススメだと思います。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする