オアハカからイエルベ・エル・アグアまでの安い行き方と帰り方☆バスを使って☆メキシコ☆

山の上にある天然のプール、イエルベエルアグア(Hierve el Agua)までローカルバスを使って行って来たので、その行き方についてご紹介いたします

もちろんツアーでも行くことができますし、そちらの方が快適に行くことができると思います。

でも目的地が同じなら、その道中はどうでもいいじゃないかと言うのであれば、ローカルバスを使って行く方が楽しいに決まってます!(笑)そんな方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ミトラ(Mitla)までローカルバスで行く

まずオアハカからミトラという場所までバスで向かいます。その時に乗るバス停はエル・トゥーレに行く時にも使ったこの場所です。

意外と使えるこの場所。

エル・トゥーレ(El Tule)は幹周り世界最大の木として登録されていて、その大きさゆえに多くの観光客を魅了しています。 そんなエル・トゥ...
エル・トゥーレ(El Tule)は幹周りが世界最大の木です。世界最大と言われれば一度は見てみたいと思うものですよね。 今回はそのエル・トゥ...

こんな感じのバス停があります。

IMG 7469

今回のバスはエル・トゥーレに行く時とは別のバスに乗ります。

IMG 7471

これにはMitla行きと書いてありますが、たまに書いてないのもあります。ですが、このバス停にはバスの案内人のような人がいて、どこに行きたいのかを聞いてくれた後、このバスに乗れば良いよと教えてくれたりするので、 迷うことはないでしょう。

料金は20ペソでした。

ミトラから乗り合いタクシーに乗る

ミトラに到着するとそこには乗り合いタクシー?なのかわかりませんが、こんな感じの乗り物が待っています。

IMG 7473

本当に降りたすぐそこの場所なので、もしいなければ周りの人に聞いて待っておけば大丈夫だと思います。

これの荷台か後部座席に乗り込みます。

IMG 7474

荷台はこんな感じです。ここからイエルベ・エル・アグアまでは悪路が続くので荷台は正直キツかったです。

後部座席でちゃんとしたシートに座って行くのがオススメですね。ただ、皆でワイワイ風を切りながら乗るのも楽しいといえば楽しい♪

タクシー代は一人50ペソ

人数が集まるまでは出発しない仕組みなので、人が居ないときはひたすら待たされます。僕らも20分ほど待たされた後、やっと出発かと思いきや、街中まで走って行って集客をする運転手。15分ほど周るも結局客はおらず、最初の場所に戻って再び客待ち。さらに10分ほど待って2.3人のお客さんが乗り込んで来たので、ようやく出発となりました。

こうした事態が起こりうるので、行くときは早めに出発して帰りの時間まで余裕を持って行動した方が良いと思います。

そしてなんやかんやと50分近く悪路を走り続けて、イエルベ・エル・アグアに到着します。

イエルベ・エル・アグアに着いたら入場料を払って歩く!

イエルベ・エル・アグアに到着するとタクシーの中で入場料を支払います。

値段は一人25ペソです。

IMG 7478

支払った後、すぐそこの駐車場でタクシーは停まり、そこからは歩いて向かうことになります。

特に標識などなかったと思いますが、店が立ち並んでるところを進んで、少し下る道があるので、そこを降りて行くとイエルベ・エル・アグアがあります。

IMG 7489

帰りも基本的に同じルート

帰りも基本的に同じルートを通って帰ることになります。

まず最初にタクシーが着いたところまで戻って、同じようなタクシーに乗り込み、人が集まるのを待ちます。

人が集まれば出発して、再び同じ悪路をひた走り、ミトラの街まで戻ります。

ミトラの街に着いた時に、運転手さんにでもバスの場所を聞くと教えてもらえると思いますが、帰りのバスはちゃんとバスターミナルのようなものの中に停まっています。

オアハカから来たときは、ただの道に降ろされたのですが、ちゃんとターミナルがあったようですね。

google mapには載ってないので、maps meの場所を載せておきます。

IMG 0149

真ん中下にあるバスマークの場所です。

おそらくタクシーもこの近くに降ろしてくれると思うので、すぐ見つかると思いますよ。

ここの建物の中に何台かバスが待っているので、オアハカを尋ねると教えてくれると思います。

帰りのバス代も20ペソでした。
a

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする