グランドキャニオンで本当に良い日の出と日の入りのスポット☆便利な手段☆アメリカ☆

グランドキャニオン(Grand Canyon)と言えば、世界でも有数の観光スポットであり、アメリカにおいてもその名は1番知られていると言っても過言ではないと思います

そのグランドキャニオンにおいて特に有名なシチュエーションは日の出(Sun Rise)と日の入り(Sun Set)です

その二つにおいて色々と良いポイントはあるのですが、僕が実際に様々なスポットに足を運んでここが良かったという場所をご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ヤバパイ・ポイント

言わずと知れた有名なスポットです。ここのポイントの良いのは、マーサポイントと同じくビジターセンターから近いため駐車場からすぐに行けるという点です。

IMG 6720

またここからの景色は広大な渓谷を一望することができます。

ここから見る日の入りがとても良いと言われていますが、それももっと良い場所が他にあります。

またこの近くにもグランドキャニオンを望める場所はいくつかあって、手すりや柵が無いので注意が必要ですが、深い渓谷を感じるには非常に面白い場所です。

IMG 6687

また色んな人達がトリック写真のようなものを作ろうと遊んでいたりするので、混ざってみるのも良いかもしれません。

IMG 6694

これは彼女がグランドキャニオンに落ちそうになっている彼を助けてあげてるところですね(笑)

日の出のスポット「マーサポイント」

マーサポイント(Mather point)はそのスペルからマザーポイント(Mother point)と勘違いされやすい場所ですが、読み方的にはマーサと読みます。これは初代国立公園長の名前から取られたものです。

IMG 6667

ここには柵がしっかりあって、かつ広いので多くの観光客がここに集結します。

そのためどの時間帯でも人が多いというのが難点です。ですが、人の流れも早いので心配する必要はありません。

IMG 6671

ただし、日の出のタイミングには日中の比にならないぐらい大量の人で溢れるので、良いポイントを押さえたければ日の出の1時間前ぐらいには来ることをオススメします。

僕らは30分前に行きましたが、すでに多くの観光客で場所が埋まってしまっていました。

IMG 6745

そして日の出自体も素晴らしいのですが、太陽によって徐々に明らかにされてくるグランドキャニオン自体も素晴らしいので、そういった部分にも着目してもらうと良いのでは無いかと思います。

IMG 6746

IMG 6757

日の入りの最高スポット「ホピポイント」

ヤバパイポイントと同じくサンセットのスポットとして有名なポイントです。個人的にはこちらの方がより西側に位置しており、パノラマビューが楽しめるので良いと思います。

IMG 6730

IMG 6727

このホピポイントに来るには無料のシャトルバスに乗って向かう必要がありますし、サンセット前には多くの人が向かうので、少し早めに着くように行った方が良いでしょう。

ですが、マーサポイントとは違って展望台もかなり広く夕陽を見るのに困るということはないと思います。

IMG 6725

こちらでも夕陽に照らさせれるグランドキャニオンが幻想的で素晴らしかったです。

すぐにビジターセンターまで戻る方法

ホピポイントにて日の入りを見た後に、またビレッジまで戻って来ると思うのですが、帰りもシャトルバスを使うしかないので、人が殺到します。

しかもホピポイントからは1回バスを乗り換えなければいけません。それだけで1時間以上もの時間を費やしてしまうので、バスの乗り換えをスムーズにすることが早く帰るポイントです。

そのために僕らはホピポイントからシャトルバスのトランスファー場所までまずバスに乗ります。

トランスファー場所に違うシャトルの乗り場があるのですが、ここも長蛇の列になっているので、一つ前のバス停(Bright Angel)まで歩きました。

一つ前のバス停まで歩いたらちょうどバスが待っていたので、それに乗り込むと人も全く乗っておらず座ることができました。

そして次のトランスファーに着いた途端に、バスが満杯になり、まだ乗り込めない人もいました。

この方法なら効率的に早く戻ることができますので、使ってみてください。

a

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする