トロントからモントリオールへの安い行き方はこれ一択!カナダ☆

カナダの第2の都市と言われるトロントから公用語がフランス語のモントリオールへ行く場合に安い行き方をご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

モントリオールへ行く方法は大きく分けて3つ

トロントからモントリオールへ行く方法としては3つあります。

  • 飛行機
  • 列車
  • バス

どれもすぐに思いつきそうなものばかりですね

そしてもちろんどれにもメリット・デメリットがあります。

飛行機

まず飛行機ですが、時間が一番早いのはこれです。1時間強あればトロントからモントリオールまで行くことができます。ただし、飛行機なので1時間前までに空港に到着しておいて、その他の手続きや検査などをしなければなりませんし、ダウンタウンから空港までの移動も考えなければなりません。

飛行機の値段は僕が調べた時点で一番の最安が91カナダドルでした。でもこれは数週間先の予約を予め取った場合です。直近の値段は300カナダドルぐらいします。もし申し込むなら早めの方がいいでしょう。

列車

海外の列車は風情があって、日本のように短い距離ではないので、席のグレードもあって食事を楽しみながら乗るということができる点で、好きな人は多いと思います。

ただし、あまり時間的にも値段的にもメリットがないのが列車です。時間に関しては5時間以上かかってしまうのが、ほとんどであまりバスとの差がないという現状です。

それでも座席は比較的広いですし、街並みをゆっくり楽しみながら行きたいという方には良いかもしれません。値段は50カナダドル前後です。

バス

圧倒的に安いのがバスです。これはどこの国でも同じだと思います。これを次に詳しくご紹介いたしましょう。

一番安いのはバス

一番安いのはもちろんバスです。でもここで注意しないといけないのは、カナダにおいてバスは会社によってかなり値段が違います。その選択を間違えると列車以上にお金を払わなければいけない可能性もあるので十分注意してください。

特にGray Houndという会社はかなり大きな会社ですが、その値段もかなり大きいです。しかもGray Houndは各都市に停車して人の乗り降りがありますので、時間がかかります(7-8時間)。

さらにGray Houndはあまりにも有名なので、バスジャックされたりと結構問題も発生しているので、個人的にはあまりオススメできません。

 7月30日夜、エドモントンからウィニペグへ向かっていたグレイハウンド長距離バスがマニトバ州ポーティジ・ラ・プレーリーにさしかかったころ、乗客の男(40)が隣にいたティム・マクリーンさん(22)を刃物で刺して殺害し、切断した首を別の乗客らに見せつける事件が起こった。容疑者の身元などは公表されていない。  目撃者の話に...

そこで僕のオススメしたいのが、megabusです。このバスの良いところは、とにかく安い!早い!乗り心地も悪くない!というところです。

IMG 8168

しかも一応WiFiも付いています。(僕が乗ったバスでは遅すぎて使い物になりませんでしたが・・・)

指定席を選ばなければ、それ以外の場所は全て自由席になっています。人が少なければ2席を一人で使えますし、megabusで行けばモントリオールまで6時間弱ぐらいなので、そこまで苦痛ではありません。席もしっかり身体をホールドしてくれるような仕様になっていますし、満席で横に太めの人が乗らなければ特に問題ないと思います!

ただ一つ注意しないと行けないのは、持ち込める荷物は1つまでとなっているようで、他の人がカバンと大きなスーツケースを持ち込もうとした時に運転手の人に何か言われていました。ただその後がどうなったのかまで分からないのですが、もしかしたら荷物分の追加料金がかかるのかもしれません。心配な方はあらかじめ調べていかれた方が良いと思います。

気になる値段に関してなんですが、僕は片道32ドルでした。この値段はバスに乗る2日前ぐらいに予約した値段です。曜日やシーズンによっても値段が違い、また早めに予約をした方が安くなりやすいという話を聞いたので、実際にはもっと安くなるのかもしれません。

IMG 8167

モントリオール行きのバスはこのように2階建のバスで行くのですが、指定席となっているのは、2階席の前に近いところや1階席の前の席だけですが、ここら辺はは景色も見れるため少し高く設定されています。(と言っても追加分は高くても片道5カナダドルとかだったと思います。)

途中で変なトラブル?

今回このmegabusに乗っていて、帰りの時に一度どこかの場所で乗客全員が降ろされました。清掃というようなことをスタッフは言っていましたが、バスはその場からいなくなってしまい、僕達乗客は不安になっていましたが、30分ぐらいして結局バスは戻ってきたので、再度乗り込み無事に目的地までたどり着くことができました。1時間ぐらいの遅れになりましたが(笑)

海外ではたまによく分からないことが起きますが、スタッフに「自分がどうすれば良いか」をしっかり聞いておけば大丈夫だと思います。

この時も、スタッフに聞いたらこの場所に戻ってくるからと、バスの戻ってくる場所を詳しく教えてもらっていました。

他の乗客達もバスが消えてしまったことで結構パニックになっていて、後から来た別のmegabusに乗り込もうとしたりするなど、少しややこしいことになっていましたが、場所をしっかり聞いていた僕は特に焦ることもなくひたすら待っていました。

megabusのサイト

このmegabusはオンラインで予約をすることが可能です。

megabus.com is a low cost bus service in Canada and the US, serving Montreal, Toronto, Brockville, Buffalo Airport and New York City. Fares start from !

こちらの方で値段などをよく見て、旅行をする場合は早めに予定をたてることをオススメします!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする